• 埼京物流センターの概要

    名称埼京物流センター(SLC Saikyo Logistics Center)
    所在地埼玉県さいたま市北区吉野町
    敷地面積約2,075㎡
    延床面積約3,456㎡
    構造地上3階建
    設備自動搬送装置、自動倉庫(予定)
  • SLCの特徴1

    豊富な在庫

    薬品倉庫を統合することで、品数・種類ともに豊富な在庫を確保、保管することが可能になり、お客様のご要望に一層お応えすることができるようになります。 また、全ての医薬品はWMSによりシステム管理されています。 ※WMS…Warehouse Management System の略で「倉庫管理システム」の意味

  • SLCの特徴2

    適切な保管

    より高い品質で医薬品を保管するためにGDPを考慮したセンターとして設立。 冷所保管が必要な医薬品はもちろん、室温保管品に関してもしっかりと温湿度管理を行っています。 冷所保管場所には温度異常を感知する警報機を設置しています。

  • SLCの特徴3

    配送システムの導入

    蓄積されたデータから、曜日による道路の混み具合等が考慮された到達時間を算出する配送システムを 導入。遅延なく、効率の良い配送ルートの確立が可能になりました。 SLCは県内の幹線主軸である国道17号と国道16号が交差するポイントに設立しているので、 埼玉県内の配送にベストロケーションとなります。

  • SLCの特徴4

    SLCから営業所へ

    これまで営業所は営業・入荷・出荷・配送のすべての業務を行ってきました。 今後、営業所での商品の入出荷業務は原則すべてSLCで実施。その後、営業所に移送し、営業所から配送する業務に変更いたします。 入出荷業務を一元化することで業務効率をあげ、過誤防止の面でもSLCのシステムメリットを最大限生かせます。

  • 今までの配送イメージ

    新しい配送イメージ

マテハン設備と構内作業

  • 1.商品入荷

    メーカーから商品が到着し、荷降し作業、送り状照合作業(総量照合)を行います。

  • 2.入庫作業

    PCへ商品情報(個装品商品バーコード・ロットNo.・使用期限・検品数)を入力します。入庫オリコン搬送ラベル(入庫オリコンNo.・納品日・仕入先・格納場所・ゾーン・検品者)を入庫オリコンに貼付後、個装ラベル(統一商品コード・ロット・使用期限・品名)を発行し個装品に貼付。

  • 3.ピッキング

    WMS(倉庫管理システム)により、スムーズで確実なピッキングを行います。

  • 4.出荷検品作業

    出荷詰合せ、検品を行い、方面ルート別に仕分けを行います。

  • 5.配送

    配送前に各担当者が再度検品をし、各医療機関に間違いが無いように笑顔でお届けいたします。