ジェネリック薬品は世界では当たり前!?

■ 欧米では既に40~50%のシェアを占めています。

医療先進国の欧米では、日本より先に医療費削減が重要課題となった経緯から、ジェネリック医薬品が積極的に使われています。
日本におけるジェネリック医薬品の数量シェアは2010年約40%(置き換え可能な市場シェア)、WHO(世界保健機関)も使用推進を提唱しており、ジェネリック医薬品の活用は世界の常識となりつつあります。日本でも、厚生労働省が後発医薬品の安心使用促進アクションプログラムを策定し、ジェネリック医薬品の使用を促進する政策がすすめられています。
本格的な高齢社会の到来を目前に、医療費削減は避けて通れない課題であり、ジェネリック医薬品の有効活用が大いに期待されます。
■アメリカ…アメリカでは代替調剤制度(*1)があり、患者さんが新薬かジェネリック医薬品かを自由に選ぶことが出来ます。また、大多数の国民が加入している民間医療保険がジェネリック医薬品を積極的に推進しているため、全市場の91%をジェネリック医薬品が占めています。

■ドイツ…1989年に、一定の価格を越えた薬代を患者さんが自己負担する参照価格制度 (*2)が導入されました。1993年には薬剤総枠予算制度(*3)、2002年には代替調剤制度が導入され、市場の82%がジェネリック医薬品です。

■イギリス…NHS(健康保険サービス)により、医師が新薬を処方する場合は特別な理由がなければならないとされています。(患者さんは新薬の使用理由を医師に問い合わせることができます)その為、実際に処方される薬の73%がジェネリック医薬品です。

(*1)代替調剤制度
医師が処方した医薬品を、薬の専門家である薬剤師が品質とコストを考慮し、患者さんの同意の上で同一成分の他の医薬品に替えることが認められている制度。薬剤師は、処方された薬にジェネリックがある場合、必ずそのことを患者さんに伝えなければなりません。

(*2)参照価格制度
成分と効能が同じ薬をグループ分けして参照価格(上限価格)を設定して、その価格までが保険で支払われる範囲となり、これを上回る分は患者さんが負担するという制度です。高価なお薬を使うと患者さんの負担が増えるため、ジェネリック医薬品の使用が促進されました。
オランダやスウェーデンなどでも導入されています。

(*3)総枠予算制度
健康保険組合が支払う年間の医療費や薬剤費について、国が上限を定める制度です。医師による薬の処方量を制限すると共に、医療財政を抑制して患者さんの負担を軽くすることを目的とし、フランスでも導入されています。

ページトップ

Copyright©SAIKYO TOWA MEDICINE CO.,LTD All rights reserved.